読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃらりんぽらりん

書きたいことを書き散らす雑記ブログ

戦え!婚活戦士~初「ごめんなさい」しました~

 良い報告と悪い報告、どっちから聞きたい? まひろです。

 では、良い報告から。お引き合わせの日取りが決まりました! アドバイザーさんから簡単なプロフィールを教えていただいたのですが、私の条件どんぴしゃの方です。あとは実際に会ってみて、性格や雰囲気などを確認したいと思います。素敵な方だといいなあ。

 

アプローチをいただきました

 では、悪い(?)報告を。

 先日、初めて男性からアプローチをいただきました。神野さん(仮名)としておきましょう。

 神野さんはオーネットパス(顔写真とプロフィールを見て相手に申し込める有料オプション)から申し込みをしてくださいまして、こんな私(顔面に自信ない&人生最高体重)にも申し込みがくるんだ・・・・・・!と喜んでいたのですが。

 私がお相手に求める条件として設定していたのは、

 

  • 同一県内(仕事を続けたいので)
  • 年齢は27~35歳まで(年上が好きです)
  • 年収は私と同じくらいかそれ以上(私は約300万円)

 

 だったのです。

 そこへ申し込みをしてくださった神野さんのプロフィールはこちら。

 

  • 県外(一応お隣の県でしたが)
  • 年齢45歳(19歳差は・・・・・・ちょっと・・・・・・)
  • 年収5000万円越え(!?)

 

 総合的にいって無理です!!!

 お写真も拝見しましたが、はげてもいない、太ってもいない、笑顔が素敵な方! 唯一ネックといえるのは年齢くらい! これ絶対仕事に燃えてたら婚期逃してたタイプ! むしろ何で私なんかに申し込んだ!? 同一県内で素敵な方いっぱいいるだろうよ!! 失礼だけどサクラじゃないよね!? 本当に実在するんだよね!?

 ・・・・・・というわけで、初めて「ごめんなさい」させていただきました。「ごめんなさい」するとき、私のようなものがあなたさまのせっかくの申し込みを断ってしまって大変申し訳ありません・・・・・・という気持ちになりました。

 神野さん、どうかスペックのつり合う方とおしあわせに。

 

年収の不可思議

 いわゆる1000万越え男子(本当にいるんですね)と初めてあいまみえましたが、年収って低すぎても困るけど、高すぎても引きますね。

 年収の高い男性と結婚して余裕のある生活をしたい!という女性の方もいると思うのですが、私はどちらかというと、一方が飛び抜けて稼ぐのではなく、ふたりで支え合いながら同じくらい稼ぐ、というのが理想的だと思いました。

 

 夫婦って、本当にいろんなかたちがありますね。願わくば、素敵な方と理想の夫婦関係になりたいものです。